活動報告

2016年度 アーカイブ

害と多様な仕事の在り方研究会(名称変更)

第20回 障害と多様な仕事の在り方研究会開催終了

日時 2016年10月27日(木) 15時~18時・18時~20時30分懇親会
会場 トヨタ自動車(株)東京本社(水道橋) 会議室
講師 シャムロック・レコード(株)
代表取締役社長 青木秀二 様
テーマ IT機器(UDトーク)を活用した
聴覚障害社員へのコミュニケーション情報保障
UD:ユニバーサルデザイン
合理的配慮提供義務の一つのツールです。
002
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
テクノロジーによる合理的配慮提供アプリツール・・
それは時代の変化に対応した聴覚障害ある方への情報保障
に向けたアグレッシブなUDトーク活用研究会であった。
講師UDトーク青木社長講義と導入済ソフトバンク様、
博報堂DYアイ・オー様、アステラス製薬様のご協力を得
て多く参加者によるQ&A、想定外の盛況であった。
積極的検討で人的、物理的職場環境改善期待しています。
会場および懇親会準備トヨタループス(株)有村社長他
社員一同の皆様にご協力いただいたこと厚くお礼申し上げます。

講義資料ここクリック
①.UDトークQRコード(障害者ダイバーシティ研究会) ②.UDトークダイバーシティ研究会


第19回 障害と多様な仕事の在り方研究会開催終了

日時 2016年7月27日(水)15時30分~18時・18時~20時30分
会場 (株)電通 本社 会議室
講師 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
就労支援専門官 香月 敬 様
テーマ 障害福祉施策における就労支援の現状と今後の具体的展望
028
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
厚労省最新データで10代~20代若者障害者全国自治体
「手帳交付台帳搭載数」が減少しています。
総務省統計局人口減少、少子化・高齢化データと同じです。
更に厚労省データで特に身体障害者20才代若者就業者数
は、毎年6・1調査結果全体の6%前後に過ぎない。
雇用企業は、福祉就労支援制度を断片的でない伝聞でない
正確な情報の先行収集で雇用チャンネルの必要性を思った。
アメリカ発多様性(diversity)概念、一時の流行で終わ
らないためにもいずれ当研究会で取り上げたいと思います。

講義資料ここクリック
①.障害福祉施策における 就労支援の現状と今後の具体的展望 ②.当NPO法人配布資料


第18回 障害と多様な仕事の在り方研究会開催終了

日時 2016年4月28日(木)15時~18時・18時~20時30分
会場 伊藤忠商事(株)青山本社ビル 会議室
講師 (株)野村総合研究所特例子会社NRIみらい(株)代表取締役社長   柴山 真一様
 同上    社会システムコンサルティング部 上級研究員       水之浦啓介様 
 同上        経営コンサルティング部 主任コンサルタント   伊藤利江子様
テーマ 経営面から見た変わり行く障がい者雇用
・野村総合研究所グループの障がい者雇用の実態と特例子会社NRIみらいの役割
・これからの障がい者雇用のグランドデザインー経営編―
・これからの障がい者雇用のグランドデザインー業務・雇用編―
0063
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
資料③ 企業価値を高める障害者雇用のあり方
変わり行く障がい者雇用
1.制度面の変化
(1)差別禁止、合理的配慮提供義務、相談体制などの整備
(2)障害者雇用率の算定方式の見直し
(3)特例子会社制度
2.経営面の変化
(1)ダイバーシティ・マネージメントとは何か
(2)ダイバーシティ・マネージメントの企業価値
雇用率制度に差別禁止・合理的配慮提供義務が加わった。
制度面の変化が経営面の変化に及ぼす影響は計り知れない。
障害者ダイバーシティ・マネージメントに合理的配慮提供を
どう包摂、企業価値を生み出すのか課題になりそうです。

講義資料ここクリック
①.-業務、雇用編―
②.―経営編―
③.資料編―企業価値を高める障がい者雇用のあり方―


第17回 障害と多様な仕事の在り方研究会開催終了

日時 2016年1月28日(木)講義、Q&A15時~18時
           新年会18時~20時30分
会場 伊藤忠商事(株)青山本社ビル 会議室
講師 東京大学大学院 法学政治学研究科
教授 山川隆一様
(厚労省 労政審 障害者雇用分科会部会長)
テーマ 障害者雇用分科会指針研究会「報告書」(山川座長)から
合理的配慮提供の「手続」.「内容」.「過重な負担」.「相談体制の整備」等について
010
今年4月1日施行改正障害者雇用促進法に向けた
「差別禁止・合理的配慮提供」に関する研究会、
2014年4月から2016年1月まで全8回開催しました。
参加いただいた企業人.講師.研究者の皆様ご苦労様でした。
普段係ることの少ない法律.経済.行政.保健.手続.企業雇用
実務そして最終回「改正法と指針」を含めて山川教授の講義とQ&Aでした。
施行後、多様な問題が発生した時その都度講義、Q&A及び
資料を思い出し復習いただければ問題の解決に役立つこと
終始及ばずながら忘れなかったつもりです。
特に研究会で作成した「合理的配慮提供手続記録シート」
転ばぬ先の杖になること期待しております。ご活用ください。

山川教授講義レジュメ・資料下記①②③④⑤クリック
①.改正障害者雇用促進法における差別禁止と合理的配慮
  について

②.事業主が知っておきたい「障害者差別禁止」と「合理的配
  慮」の指針(働く広場より)

③.配布資料(3)
④.配布資料(4)
⑤.配布資料(5)


慶應義塾大学障がい者雇用寄付講座

アーカイブ

障がい者ダイバーシティ研究会

アーカイブ


pageTop