活動報告

2017年度 アーカイブ

害と多様な仕事の在り方研究会(名称変更)

第24回 障害と多様な仕事の在り方研究会

日時 2017年10月27日(金)午後3時00分~6時00分
会場 トヨタ自動車東京本社 会議室
講師 国立大学法人 浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター
特任准教授(医学博士) 桑原 斉 様
(前東京大学バリアフリー支援室)
テーマ 企業雇用の差別禁止・合理的配慮提供を目指して その5
自閉症・アスペルガー症候群の診断基準の変更と
発達障害学生へのキャリア教育と就労支援(具体的資料は当日配布)
1
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
講義資料ここクリック
講師講義パワーポイント資料
(1)知的障害・発達障害・精神障害とは
(2)発達障害学生の就学支援・就労支援
(3)付属資料(当NPO法人提供)
   ①DSM-Ⅳ
    アメリカ精神医学会精神障害の診断と
    統計マニュアル第四版
   ②DSM-5とは
   ③発達障害の歴史と分類の変遷


第23回 障害と多様な仕事の在り方研究会

日時 2017年7月28日(金)午後3時00分~6時00分
会場 (株)電通汐留本社 25階 会議室
講師 国立 筑波大学 教授(医学博士)障害科学域代表
文科省「障害のある学生の修学支援に関する検討会」座長 竹田一則 様
同大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター准教授 青木真純 様
テーマ 企業雇用の差別禁止・合理的配慮提供を目指して その4
-大学における障害学生に対する支援の現状と課題- (具体的内容は当日配布)
057
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
講義資料ここクリック
①講師講義パワーポイント資料
竹田一則先生資料

②講師講義パワーポイント資料
青木真純先生資料

※解凍・閲覧にはパスワードが必要です。


第22回 障害と多様な仕事の在り方研究会

日時 2017年4月28日(金)午後3時00分~6時00分
会場 伊藤忠商事(株)青山本社 10階N1006会議室
講師 文部科学省・独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
学生生活部 障害学生支援課 課長 小越真一朗 様
テーマ 企業雇用の差別禁止・合理的配慮提供を目指して その3
仮題 「高等教育機関における障害学生の支援状況等について」
017
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。

講義資料ここクリック
①講師講義パワーポイント資料
小越真一朗様資料
※解凍・閲覧にはパスワードが必要です。

②障がい者ダイバーシティ研究会提供資料
人口比較majority社会中心から
多様な比較minority共生社会中心へ


第21回 障害と多様な仕事の在り方研究会終了

日時 2017年1月27日(金) 午後3時00分~6時00分
会場 伊藤忠商事(株)青山本社 10階N1007会議室
講師 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
障害者職業総合センター
元統括研究員 佐渡賢一 様
元主任研究員 沖山雅子 様
テーマ 企業の差別禁止・合理的配慮提供義務 その2
― 就業中障害者の中年化・高齢化問題 ―
合理的配慮提供義務に伴う働き方ダイバーシティとそのマネージメント
011
←左の写真をクリックすると拡大写真になります。
予想通り難しい雇用障害者の中年化・高齢化問題テーマで
した。答えが見えないまだ誰もが組織的塊として直面した
ことがない。特例企業の方「うちの雇用障害者はまだ若い」
と言い親会社人事部「雇用身体障害者雇用の半分以上は
50才以上」で喫緊の課題になっていると明暗が分かれた。
講師佐渡様の講義は実態調査に基づき重要な内容でした。
確実に訪れる問題、合理的配慮提供義務で今後に生かす
重要な内容とともに就労継続支援A型事業所を立ち上げた
特例子会社紹介もあり多様な今後を予測させた研究会でした。今後とも形を変え継続的に取り上げたいと思います。
佐渡様、沖山様ありがとうございました。
会場提供伊藤忠ユニダス(株)様ありがとうございました。

講義資料ここクリック
①講師講義パワーポイント資料
佐渡賢一様資料
沖山雅子様資料

②障がい者ダイバーシティ研究会提供資料
平成20年、平成25年厚労省障害者雇用実態調査結果に基づく
三障害者年代別割合および人数推計値

推計値の前提厚生労働省資料


慶應義塾大学障がい者雇用寄付講座

アーカイブ

障がい者ダイバーシティ研究会

アーカイブ


pageTop