障がい者の社会的自立のための、企業での法定・実雇用における、差別・虐待のない合理的配慮のある就労環境作りに関する研究会の開催、また、同内容の大学講義(選択履修)を提供している、障がい者ダイバーシティ研究会です。|特定非営利活動法人 障がい者ダイバーシティ研究会

ドイツ企業の取り組み

INFORMATION

2019/09/17
国が定めた法定雇用率で、障害者雇用数のみを追う時代は終わりました。
法定雇用率の他2018年4月1日事業主に差別禁止・合理的配慮提供義務が施行されました。
「合理的配慮提供義務」(促進法36条の2および3)は、今までの日本になかった概念です。
企業等で働きたい又は雇用中障害者が働く上での「困りごと、改善して欲しい事」相談を事業主に法律上義務づけました。
そのことを平易で分かり易く「合理的配慮提供改善共有シート」で可視化、見える化しました。
「面談」で障害者一人ひとりの困りごと、改善して欲しいことを共有シートに記載、話合い、改善する雇用管理です。
第1弾、知的障害者多数雇用企業で本件共有シート使用した企業の「感想」掲載しました。
第2弾、精神障害者雇用「合理的配慮提供改善」が最も進んでいる企業の「雇用定着のポイント」掲載しました。
面談を重視する本件合理的配慮提供改善共有シートで事業主の雇用管理と支援機関の負担軽減
さらに障害者の働く喜びと一挙3得がかないます。

注:準会員A.準会員B:
正会員とは別にここから先専用 ID.PASWが必要になります。

準会員A/Bの方 only

ユーザーID
パスワード